Archive

Go to MONSTER EXHIBITIN 2018 IN 渋谷

MONSTER EXHIBITIN 2018 IN 渋谷

現在公募中です

Go to MONSTER × KOREKARA JAPON in Barcelona

MONSTER × KOREKARA JAPON in Barcelona

2018年3月9日〜30日 10:00〜20:00 Centro Civico Convent de Sant Augusti, Borne

Go to MONSTER EXHIBITION 2017 IN NY

MONSTER EXHIBITION 2017 IN NY

2017.9.30-10.6 11:00 〜18:00 Space:hpgrp GALLERY NEWYORK 434 Greenwich Street, New York, NY 10013

Go to MONSTER EXHIBITIN 2017 IN 渋谷

MONSTER EXHIBITIN 2017 IN 渋谷

2017年7月14日-18日
11:00-20:00
渋谷ヒカリエ8/COURT

Go to MONSTER EXHIBITION 2016 IN NY

MONSTER EXHIBITION 2016 IN NY

2016.10.1-7
11:00 〜18:00
Space:hpgrp GALLERY NEWYORK
434 Greenwich Street, New York, NY 10013

Go to MONSTER Exhibitin 2016 in 渋谷

MONSTER Exhibitin 2016 in 渋谷

2016年9月3日-7日
11:00-20:00
渋谷ヒカリエ8/COURT

Go to MONSTER EXHIBITION 2015 IN NY

MONSTER EXHIBITION 2015 IN NY

2015.11.8-15
11:00 〜20:00
Space: J-COLLABO
300 7th street Brooklyn, New York 11215

Go to MONSTER EXHIBITIN 2015 IN 渋谷

MONSTER EXHIBITIN 2015 IN 渋谷

2015年6月4日-8日
11:00-20:00
渋谷ヒカリエ8/COURT

Go to MONSTER EXHIBITION 2014 IN NY

MONSTER EXHIBITION 2014 IN NY

2014.7.1-12
11:00 〜18:00
Space:ANNEX ART SPACE
529 West 20th Street #2W,New York, NY 10011

Go to MONSTER EXHIBITIN 2014 IN 渋谷

MONSTER EXHIBITIN 2014 IN 渋谷

2014年3月8日-12日
11:00-20:00
渋谷ヒカリエ8/COURT

Go to MONSTER Exhibition 2013 in NY

MONSTER Exhibition 2013 in NY

2013.6.18-29
11:00 〜18:00
Space:ANNEX ART SPACE
529 West 20th Street #2W,New York, NY 10011

Go to MONSTER Exhibitin 2013 in 渋谷

MONSTER Exhibitin 2013 in 渋谷

2013年2月22日-27日
11:00-20:00
渋谷ヒカリエ8/COURT

MONSTER Exhibition in 2018

MONSTER Exhibitionは、アートやデザインと人をつなぎ、すべてのアーティストにチャレンジの機会を提供します。 怪獣をテーマに映像、絵画、造形、グラフィックなどの作品を東京と海外で展示する企画展です。
現代らしく、現代アートという狭義ではなく、美大・藝大の学生、デザイナーはもちろん、建築家、映像・デジタル系の幅広く門戸を広げ、多くの人が集まる渋谷で作品を発表することができ、NY展では国際的なチャンスを広げます。 日本らしいコンテクストを表現できるMONSTER(怪獣)は、国際的な発表の場が少なく裾野が広い日本の隅々にいる秀逸なアーティストを魅了し、公募という挑戦の場を提供することで比類のない作品を集積します。 
また、子供から大人まで多くの方が気軽に楽しめる企画展でもあり、通算で2万7千人以上の来場者を動員しました。



■企画展名 MONSTER Exhibition 2018
■開催期間 渋谷展  2018年7月21日(土)〜25日(水)11:00-20:00※最終日は17時まで
海外展  現在ヨーロッパで調整中です(開催地バルセロナもしくはベルリンを予定しています。)
■入場料 無料
■開催場所 東京:渋谷ヒカリエ 8/ COURT NY:hpgrp GALLERY NEW YORK
■主催 MONSTER Exhibition事務局(一般社団法人イヴォルブ アート&デザイン ジャパン)
■協力 渋谷ヒカリエ hpgrp GALLERY NEW YORK
■後援 仙台市



審査員のご紹介



五十嵐太郎五十嵐 太郎[東北大学大学院工学研究科教授(都市・建築学)] 1967年フランス・パリ生まれ。2008年 ヴエネツィアビエンナーレ国際建築展では日本館コミッショナー、2007年リスボン建築トリエンナーレでは日本セクションのキュレータ、そしてあいちトリエンナーレ2013では芸術監督を務める。また現在、世界20ヶ所を巡回中の「311―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」展の監修を行った。
佐野恵子佐野 恵子[AXISギャラリー キュレーター] 神奈川県生まれ。2000年よりAXISギャラリーの企画を担当。手がけた主な展覧会は「吉岡徳仁デザイン展」「ブラウン展」「チャールズ・イームズ 100 images ×100 words」「Post 3.11 ーこれからデザインにできること」など。2007年より「デザインにできること」シリーズをスタートさせ、「災害」や「食」など社会的なテーマを取り上げる。東日本大震災直後からデザイナーや建築家たちと共に石巻工房を立ち上げた。さまざまな領域におけるデザインの新たな方向性を探る試みを行っている。
大河内一楼大河内 一楼[脚本家] 宮城県出身。1968年生まれ。編集者、ライター、ゲームデザイナー、小説家を経て、『∀ガンダム』で脚本デビュー。代表作に『コードギアス 反逆のルルーシュ』『プラネテス』『ブレイブストーリー』『ベルセルク』などがある。東京国際アニメフェア・アニメアワードにて、2003年、2008年の脚本賞を受賞した。
戸塚 憲太郎戸塚 憲太郎[ギャラリスト・キュレーター]※NY在住 1974年札幌生まれ。1997年武蔵野美大卒業、2004年Stony Brook University (NY)にてStudio Art修了。2004年アッシュ・ペー・フランス株式会社入社。同社が運営するファッション合同展示会roomsディレクターを経て、2007年に同社初のアート事業部を立ち上げ、hpgrp GALLERY TOKYOを開設。青参道アートフェア、LUMINE meets ART、NEW CITY ART FAIRなど、国内アート市場の活性や海外アートシーンへの参入など従来の形にとらわれない活動を展開。現在NY在住。
市毛 康英市毛 康英[アーティスト、英王立芸術院大学院講師]※ロンドン在住 1965年東京生まれ。武蔵野美術大学で工芸デザインを学び、デザイン職、金属彫刻家アシスタント等を経て、1998年ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ美術科大学院主席修了。1997年ごろから強迫的な緊張感と空虚感の同居するパフォーマンスビデオ作品を、ロンドンはじめヨーロッパ各地、ロシア、香港、ニュージーランド、北米、カナダなどで展示、上映。制作のかたわらゴールドスミスカレッジ講師の後、2007年より王立芸術院で映像や音響を使う若手現代アーティストの指導。
このプロジェクトは3.11をきっかけに有志で立ち上がりました。テーマは災害をメタファーとしMONSTER(怪獣)が選ばれています。しかし、私たちは悲しみを押しつけたいわけではないので、アーティストの作品に特にあの日のことを求めていません。会場でみなさんに楽しんでもらい、アーティストにとって作品の創出と発表の機会を提供します。そして来場者の中で少しの人だけでもあの日を思い出してもらうきっかけになり、それが形骸化させないことに繋がればと活動しています。


エントリーはこちらから






「ニューヨークという街でアーティストとして生きるとは」トークイベント


MONSTER Exhibitionでは、アーティストが海外へチャンスを開くきっかけになればと、現在海外に拠点を置くお二人のアーティストをお招きし、トークイベントを開催いたします。アーティストに限らず、お二人のお話をぜひ聞いてみたいという方もお気軽にご参加ください。

■イベント名  「ニューヨークという街でアーティストとして生きるとは」
■開催日時   2018年7月22日(日)18:00-20:00 (17:50 開場)
■開催場所  渋谷ヒカリエ 8/COURT
■入場料   無料(定員100名)
トークイベントのお申し込み

※会場に限りがありますので入場制限をさせていただく場合がございます。お申し込みいただいた方を優先いたしますので、なるべくお申し込みの上、ご来場ください。
※登壇者は都合により、予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

Mayuna Shimizu 福島県出身。1997年に渡米以後、数々のバレエカンパニー、コンテンポラリーカンパニーやモダンダンス振り付け家の作品にて、主要メンバーとして踊る傍ら、自身のカンパニー、“ブルー・ミューズ・ダンス”を創設、アメリカ国内外のダンスフェスティバルに招待される。 ニューヨークタイムズ紙において、バレエ、コンテンポラリー、モダンに精通している稀な存在として、"Her horizons are wide(.彼女はどんな分野のダンスにも精通し、踊ることが出来る。)”と評され、自身がプロデュースしている公演についても同紙から、“A sampler calculated to catch the eye(観客の目を釘付けにする、緻密に計算されたダンス公演 )”と評される。 プロデューサー、マネージャーなど兼任しながら活動中、国際交流や文化事業で世界を駆け巡るバッテリー・ダンスカンパニーのディレクター、ジョナサン・ホーランダー氏の目にとまり、2006年、ゲスト振り付け家としてInternational House of Japan in Tokyoにて作品を発表し、River to River Festival/Downtown Dance Festival in NYの審査員を経て、2007年のヨーロッパツアーを皮切りにメンバーとして踊る一方、トルコ、アゼルバイジャン、中国、韓国、モンゴル、ミャンマー、ラオス、台湾、シンガポール、日本、ドイツなど世界各国の大学や教育機関でマスタ-クラスの教師を担当し、自身の振付作品をバッテリー・ダンスのプログラムのひとつとして発表, また2010年に日本ツアーを企画、運営する。特に兵庫県立美術館の大階段にて、30人の現地ダンサーとまた、ドラムと日本伝統の和楽器とのコラボレーションを監修したsite-specific 作品が高い評価を得た。また、アルビン エイリー ダンス ファウンデーションのNewark summer campにてバレエ教師を担当し、国内外でTeaching Artistとして活躍。 現在は、“ブルー・ミューズ・ダンス”での振付をはじめ、他、International Women Artist’s Salon, Third Rail Projectのfounding member & collaborating artist, Visions Contemporary Balletの rehearsal directorなどを歴任し、近年ではダンス映画制作、site-specific 作品の振り付け、企画、演出など活動は多岐に渡り、日本でもワークショップに招聘され、次世代のアーテイストの育成に携わっている。また、Blue Muse Arts Bridge NYとして、様々なアートイベントを通じ、文化交流、社会貢献、そして在米日本人として、アメリカと日本の橋の役割を担うことを使命に、他分野のアーティストやアートカンパニー、企業、公共施設とのコラボレーションなどの活動を通し、アーティスト間を繋げ、そして新しい観客の輪を広げている。

松尾 孝之 1980年ニューヨーク生まれ、日本育ち。現在ニューヨークをベースに作家活動をしている。 武蔵野調理師専門学校を卒業。料理人として社会生活を始める傍、早稲田大学芸術専門学校で建築デザインを学ぶ。2004年から度々バックパッカーとして旅をするようになる。2008年から渡米。アーティストアシスタントやアートハンドラー(美術設営)を仕事としながら、独学でアーティスト活動を開始する。 コンセプチュアルアーティスト。ファウンドオブジェクトをベースとしたインスタレーション、写真、映像などを制作。人が無用としているもの、ゴミ、見捨てられているものにあえて目を向けるリサーチプロジェクトを通して、「無意味に見えるものにどのように光をあてるか、無価値に思えるものに新たな可能性を見い出すことができるか」を模索している。2017年9年ぶりに日本に帰国。 ニューヨーク、シアトル、東京を拠点としているアーティストグループArtBeastesの一員。 2018年6月 都美セレクショングループ展2018、東京都美術館 参加予定 2019年5月~8月 アーティストインレジデンシープログラム Residency Unlimited、ニューヨーク 参加予定





ご協賛のお願い


企画展へのご協賛いただける企業様を随時募集しております。またコラボレーションをご希望の場合もお気軽にお問い合わせください。また、MONSTER Exhibition 2018は、公益社団法人企業メセナ協議会の認定を受けておりますので寄附金として控除対象となります。この場合、MONSTER Exhibition 2018のプロジェクトを指定して公益社団法人企業メセナ協議会より寄付金をお支払いください。この寄付金は公益社団法人企業メセナ協議会より受領し、MONSTER Exhibition2018の活動費として使用いたします。

・メセナ認定プロジェクトについて https://culfun.mecenat.or.jp/donation/
・メセナ寄付控除について https://culfun.mecenat.or.jp/guide/subsidy.html


ご協賛の詳細ページはこちら

About Us

MONSTER Exhitibitionは、RECOVER & REBUILD Japanese art & designプロジェクトから生まれ有志で運営されています。現在は法人化し、一般社団法人イヴォルブ アート&デザイン ジャパンが運営しております。