杉山 圭司


MONSTER2018
iPad

人間とは姿・形が随分かけ離れた醜い生物を
一般的に”モンスター”と定義してしまう人が多い中で、
過去には
様々な形態のモンスターが数多く語り尽くされて来ました。

しかし中には外見が奇抜なだけで、実は中身が心優しい生物など、
人間の勝手な思い込みだけで”モンスター”と定義されてしまった不遇の存在もいたはずです。

その差は一体何だったのでしょう。
恐らく変わっていたのは、鑑賞者の視点ではないでしょうか。

ちなみに日本では、何かに夢中であったり、
ある一つの事柄のみに盲目的に視野が狭まってしまっている人間のあり様を、「目がない」と表現する言葉があります。

我々も、自分たちの正義や価値観を他者に押し付けたり、
またそれらを集団で振りかざして他団体を迫害したりすると、、
気付かぬうちに皆が”モンスター”と表現される
一種の社会現象となりえてしまう危険性を孕んでいるのです。

そしてその、人間誰しも「目がない」状態になっている時にこそ、”
モンスター”と成り得てしまっているんだ…
という表現手法を
今回はこの作品で試してみました。

自分では冷静でまともな人間だと思い込んでいても、

他者の視点からみると、時にはモンスターに成り得てしまっている様を

体験者に今一度、振り返ってもらおうという想いが込められております



杉山 圭司
今後も、何かしらのチャレンジをして参りたいと思っております。

Web https://www.palplay.org