irikichi.


破壊/創造の輪郭
建築模型

あの日
大きな怪獣が、海からやってきた。
怪獣は、当たり前のようなかおをして、街をこわして、
海へと帰っていった。
のこされたのは、こわされた街と、途方にくれた、みんなのなみだ。
そして、怪獣の足跡だった。
あの日から、20年。
怪獣の重みにより沈み込んだ大地は、新しい地形となった。
あの日を思い、祈る人の場
あの日に負けず、暮らす人の場
あの日に失い、集まる人の場
あの日を忘れようと、笑う人の場
あの日を伝え、表現する人の場
そして、あの日を知らない子供の場
これは、怪獣の足跡にまつわる、6つの場所での物語。



irikichi.
入江慎と吉尾眞香によるユニット

入江慎
東京理科大学大学院理工学部建築学科在籍

吉尾眞香
東京藝術大学大学院美術研究科卒業
現在は広告代理店に勤務