熊谷 信夫


Global network of Monster
(コーティングワイア(頑固自在)アクリル絵の具、地球儀)
 針金で編み上げた立体作品を追求するうちに私の一つのテーマである「クラインの壺」という立体空間を網によって表現する作品を制作するようになった。
これらの作品群は「THE COODINATES Of THE UNIVERSE」と題して宇宙空間を意識して制作してきた。宇宙には直線など存在しなく、ただ螺旋構造のみがそれを表すものだと思う。作品を制作する過程で作品自体が螺旋構造になっていることに気づき、その針金が表現する線を宇宙の座標軸と考えるようになった。
今回の『MONSTER EXHIBITION 2017』では、自然界に存在しえない生命体を想像してそれを「モンスター」と位置づけ、網による表現で「モンスター」がいたならどういう風になるのかと問いかけながら作品を制作してゆきたいと思う。

地球上に張り巡らされたネットワークに依存して生活が形作られる現在、その見えないネットワークを可視化することでそれそれが地球を取り巻き人の社会を緊縛するかのような存在に見えてくる。それこそモンスターではないだろうか。



熊谷 信夫 Nobuo Kumagai
1948年 大阪生まれ。
1971年大阪梅田の阪急ファイブでオモチャと雑貨の店『あしたの箱』開店。
ブリキ玩具の取り扱いを始め現在に至る。
1978年 大阪ブリキ玩具資料室開設。
1979年『ブリキのオモチャ』刊行。
1985年 讀賣新聞社PR誌vol.85 讀賣カラー百科『おもちゃ図鑑』執筆。
1989年 鉄人28号の復刻生産始める。
2000年『ブリキのオモチャ』復刻増補版をグリーンアロー出版社より刊行。
2003年 有馬玩具博物館開館の際3階展示室の日本のブリキ玩具展示を担当。
2010年 4月11日東京新聞日曜版 原稿執筆。
2010年までに30アイテムを超えるブリキ玩具を製品化。
2010年12月 ブリキのおもちゃをモティーフにした『まいごのりんご』発行。 [ 2001年ボローニャ国際絵本展入選作品(文・熊谷眞由美/絵・田中友美子)] 2012年1月『ブリキのオモチャ』iPad電子版を(株)ノース・ヒルより刊行。

日本人形玩具学会 会員
日本人形玩具学会発表
*学会誌(人形玩具研究 かたち・あそび)第16号『明治のブリキ玩具(二十世紀初頭)産業としてのオモチャの出発点(2006年1月)
*学会誌(人形玩具研究 かたち・あそび)第18号『ブリキのおもちゃは生き残れるか?』(2008年3月)
*学会誌(人形玩具研究 かたち・あそび)第19号『ブリキ玩具の製法』の発表を終えて(2009年3月)

アーティスト経歴
2010年11月 『ギャラリーあしたの箱』の『Wind up ART』展で作品発表
* JUG JUG CUBE *WIRE MESH JUGLLER
2011年7月『Happy Maker in 高野山2011』アーティストとして展示
2011年11月『おおさかカンヴァス』で作品を展示(大阪府庁正面ホール)。
2012年7月『有馬温泉路地裏アート』参加。
2012年9月『Art Shower 2012 project at CASO』参加
2012年10月 大阪心斎橋大丸北館『Art Stream 2012』参加
2013年3月 Art in office CCC AWARDS 2012 入選
作品はCCCメインオッフィスエントランスホールに1年間展示
2013年6月 『Art Shower Exhibition 2012参加作家によるグループ展』参加
(海岸通ギャラリー・CASO)
2013年10月 京都川端二条下がるgalerie wissraum Kyotoで初の個展
『THE EXHIBITION of WIRE NET WORK by nisai』開催
2014年3月  『MONSTER Exhibition 2014』 優秀賞
   東京渋谷駅前ヒカリエ8階 8/01 Court
2014年7月 『MONSTER Exhibition 2014 in NYC』
ANNEX ART SPACE (hpgrp GALLERY NEW YORK)
2015年5月  『The coordinates of the universe by nisai』
    Links gallery & space (Kitahama Osaka) 個展
2016年11月 『木津川アート2016』展示参加(AOTAKE)

facebook:https://www.facebook.com/Nisaisan


ウエツジ ショータロー


街獣戯画
(デジタルプリント)
 とある国のとある街にもしも怪獣が現れたら」というコンセプトで描きました。
その街の人々の行動を色々想像しながら観てもらえれば嬉しいです。



ウエツジ ショータロー Shotaro Uetsuji
【経歴や紹介文】
 大阪芸術大学卒業後、フリーのイラストレーターとして活動中。
ホラーでヘンテコな怪物イラストを描いています。
奈良在住。

<2014年>
▲MONSTER Exhibition 2014 出展 【優秀賞】受賞
(渋谷ヒカリエ 8/COURT)
▲MONSTER Exhibition 2014 – NY巡回展 出展
(ANNEX ART SPACE (hpgrp GALLERY NEW YORK)
▲ロサンゼルスのスタジオ「Nickelodeon」にBackground artist として参加
<2015年>
▲MONSTER Exhibition 2015 出展
(渋谷ヒカリエ 8/COURT)
▲T.E.S.U.イラスト展『4人の王様』
(大阪平野区 gallery hana*輪)
<2016年>
▲初個展『幻想少年怪物団Q』
(大阪中崎町 イロリムラ – 89画廊)
▲日本写真映像専門学校 「SHASEN Art Festa」特別授業 講演
▲MONSTER Exhibition 2016 出展
(渋谷ヒカリエ 8/COURT)
▲ミニ個展『12MONSTERS』
(カワチ画材 東急ハンズ心斎橋店)

Web http://xxxgigagaloxxx.web.fc2.com/


三輪 裕治


harvest 02
(和紙)
人間と自然。人間はモンスター。物言わぬ植物が人間から受ける脅威はいかほどか。されど自然は動じず飄々と生きている。そしてふいに私達に牙をむく。私たちはそれを受け入れる、そして前に進む。自然はモンスター。



三輪 裕治 Yuji Miwa
和紙の素材を生かした新しい表現方法を追求しています。

Faceboook: http://www.facebook.com/yuji.washiart


CarlosDare


Kraken
(金属)
多くの人の命を奪った東日本大震災の津波は、人間に自然の猛威の怖さを改めて認識させました。しかし自然が人間の命を奪うとき、そこに悪意などはないはず。もし自然に感情があったなら、自分自身をコントロールできないことへの悲しみがあるのではないか。この作品は、自分自身をコントロールできないドラゴンを、多くの命を奪ってしまった津波として、その悲しみを表現しています。



CarlosDare
彫刻家兼イラストレーター
1976年 イギリス サリー州生まれ
イギリス・ノースブルックカレッジでイラストを学ぶ。
カレッジを卒業後、彫刻家としてアルミ板を加工して様々な動物やキャラクターを作成するとともに、イラストレーターとしても活動し、「Tricky Tisha」という本を出版。イギリスの2つのギャラリーで常時作品を販売するとともに、毎年イギリス各地で行われるアートフェアに出展。
2016年から子どもの誕生を機に日本に移住し、仙台市を拠点に活動を開始する。
    
2016年11月2日〜7日  TDW(東京デザインウィーク)アートフェアに出展
2016年12月3日〜10日 個展カルロス・デア展〜metal, nature and story〜開催(日立システムズホール仙台)


池田 和宏


Compassion
(アクリル、キャンバス)
我々に起こり得る様々な脅威を怪獣(MONSTER)と捉えてみました。
それらに頑なに抗うことは実は虚しく、また、それらと共生してゆくということは避けて通れないことかも知れません。
涙を伴うことかもしれません。
そういった出来事を超越してゆくキーワードとしての”慈悲や思いやり”を象徴的な形で表現しています。



池田 和宏 Kazuhiro Ikeda
2014年よりイラストレーターとして本格始動。
以後、宮崎に在住しながら、全国海外を視野に活動中。
Web https://www.instagram.com/ikedakazuhiro/?hl=ja


Hayate Hosenji


新生人誕生
(イラストボード、ペン)
 自分の中に広がっている世界をMonsterというテーマに落とし込み、自分のアートを最高に楽しむことができました。自分なりに、他の人には描けない、新しいmonsterの雰囲気を探し出そうと挑戦し続けた作品です。
17歳が描いた世界を見て、何かを感じ取っていただければ幸いです。


Hayate Hosenji
2000年川崎市生まれ。現在ICU高校三年生。
ファッションデザイナーである親の影響で幼少期より絵画を楽しみ、将来はアメリカを拠点とした世界中で活躍するアーティストを志す。
Sony Music 、NYLON JAPANが主催する「JAM 2nd audition」ではアート・クリエイティブ部門にて16歳という最年少でFinalistに残る。
現在は学校に通いながらアプリ制作会社「株式会社Engeek」にて、デザイナーを勤める。
高校卒業後はアメリカへアート留学を予定。

<受賞歴>
・「第32~35回 住友生命子供絵画コンクール」受賞
・「第20回 川崎ジュニア文化賞」大賞

<展示歴>
・「第32、34回 住友生命子供絵画コンクール」にて「日本科学未来館」展示。
・「第33、35回 住友生命子供絵画コンクール」にて「ルーブル美術館」展示。
・「JAM 2nd audition」最終審査にて「Red Bull Studio Tokyo」展示。

Web http://instagram.com/hayatehosenji


中﨑 誠矢


In Progress
(デジタルプリント)
=進行中。スマホゲームを操作するモンスターと画面の向こうに潜む人。相対する両者が逆転した景況を描いた。取り憑かれるようにスマホを操作する人びと。便利な道具だが情報を撒き散らし、時間や対話を削り、身体・精神ともに悪影響を及ぼす側面がある。人類が司っているはずのこの世界は、実のところ、モンスターが操作するゲームの仮想世界なのかもしれない。着実に進行しているシナリオの先には、何が待っているのだろうか。



中﨑 誠矢 Seiya NAKAZAKI

グラフィックデザイナー
21歳 鹿児島生まれ 東京在住
日本デザイナー学院グラフィックデザイン科卒
デザインプロダクション Sing! 所属
日本グラフィックデザイナー協会 サークルメンバー

– 受賞暦 –
2013年 全国高等学校デザイン選手権大会 | 入選
高校生マンガ・イラストグランプリ | チャレンジ賞
2014年 日本高校生デザイングランプリ | グランプリ
2016年 学院卒業制作審査 | デザイン領域主席・総合次席
東京デザインウィーク ウルトラマン・インスパイア展 | 入選(タグボート)
筆文字で伝えたい言葉大賞 | 100選(日本デザイン書道作家協会)
APAアワード, 年鑑 日本の広告写真2017 | 入選(日本広告写真家協会)

Web https://www.instagram.com/seiyanakazaki/


池原 悠太

Fog Horn
(ミクストメディア)
怪物という言葉からは災害や天変地異といった巨大な存在や抗いようの無い力が思い起こされる。大きな厄災を前にして為す術の無い無力感、その心の救済として偶像化された怪獣は恐怖や怒りの象徴であり、時に祈りの対象ともなる。タイトルの「Fog Horn」は、今日の怪獣の原点とも言われる、1953年に制作された「原子怪獣現る」の原作から取ったもの。



Yuta Ikehara
池原 悠太(Yuta Ikehara)
1987.11.25生まれ
2010.03 成安造形大学造形学部 卒業

■Exhibition
2016.03 個展「metamorphose」/滋賀・三井寺
2015.10 個展「わたしはここにいる」/愛知・Masayoshi Suzuki Gallery
2014.02 個展「断片が紡ぐ夢」/京都・gallery near
2013.02 個展「不揃いの接続」/京都・gallery near
2011.09 個展「こぼれ落ちていくもの」/大阪・乙画廊
2010.02 個展「LINER NOTES」/大阪・Bodaiju Cafe
■Group Exhibition
2016.10 平和堂財団第22回新進芸術家美術展/滋賀・彦根、草津
2016.09 国際芸術祭「BIWAKO BIENNALE 2016 見果てぬ夢〜“Eternal Dream”」/滋賀・近江八幡
2016.09 くどやま芸術祭/和歌山・九度山
2016.05 グループ展「白昼夢」/大阪・Gallery AMI&KANOKO
2014.11 アートイベント「クリエイターズマーケット」/愛知・ポートメッセなごや・北岡技芳堂
2014.09 国際芸術祭「BIWAKO BIENNALE 2014 泡沫〜Utakata」/滋賀・近江八幡
2013.10 奈良・町家の芸術祭「HANARART2013」
2013.07 白白庵×gallery near企画展「tokonoma展 -Japanese “TOKONOMA” Style Exhibition-」/京都・gallery near
2013.06 gallery near企画展「TAKE OUT ART! -アートを”お持ち帰り”する小作品展-」/京都・gallery near
2012.11 アートイベント「BODAIJU EXPO」/ 大阪・NEW OSAKA HOTEL 心斎橋
2012.09 国際芸術祭「BIWAKO BIENNALE 2012」/ 滋賀・近江八幡 小田邸
2011.10 企画展「六甲ミーツ・アート関連企画 アートマーケット」/兵庫・ホール・オブ・ホールズ六甲
2011.05 企画展「(仮)定説・猫アートは売れる」/大阪・乙画廊
2011.01 企画展「(仮)うは兎のう」/大阪・乙画廊
2010.12 企画展「芸法大賞展」/兵庫・兵庫県立美術館
2010.10 企画展「ART RELAY」/大阪・ラマダホテル
2010.01 第14回 成安造形大学卒業制作展/京都・京都市美術館
■Art Fair
2014.09 アートフェア「神戸アートマルシェ2014」/兵庫・オリエンタルホテル・北岡技芳堂
2014.08 アートフェア「ART NAGOYA 2014」/愛知・THE WESTIN NAGOYA CASTLE・北岡技芳堂
2014.06 アートフェア「京都アートフェア2014」/京都・みやこめっせ・北岡技芳堂
2013.04 アートフェア「京都アートフェア2013」/京都・みやこめっせ・三条祇園画廊
2011.07 アートフェア「ART OSAKA 2011」/大阪・ホテルグランヴィア大阪・乙画廊
2011.07 アートフェア「京都アートフェア」/京都・みやこめっせ・三条祇園画廊
2011.05 アートフェア「アートフェア京都」/京都・ホテルモントレ京都・三条祇園画廊
2010.07 アートフェア「ART OSAKA 2010」/大阪・堂島ホテル・乙画廊
■Award
2016.03 平和堂財団 平成28年度芸術奨励賞 受賞
2014.06 トーキョーワンダーウォール公募2014 入選
2010.01 第14回 成安造形大学卒業制作展 優秀賞

Web http://recette-web.com/


氏原 栞里


Down the rabbit-hole
(イラストボード、水彩、アクリル、ボールペン)
”down the rabbit hole (不思議な方向へ転がる)”をテーマに、異形が生まれてから増殖するまでの過程を連作で表した。上は異形のタマゴ、真ん中は日の移ろい、下はタマゴから生まれた異形が海でも空でもない不思議な世界を浮遊している。
今回のコンセプトは、”目を落とすだけで、物語のように楽しめる”である。上から下へと個々の支持体にサイズの緩急を付け、カラフルな色彩で生物の動きを描いているので、上から下に目を落としていくだけで飽きずにストーリーが追えるようになっている。ストーリー自体は「異形がタマゴから生まれて増える」という至ってシンプルなものだが、お気に入りのキャラクターに名前をつけたり、いろんな小物を見つけたり、各キャラクターのストーリーを考えてみても楽しいかもしれない。この作品をきっかけに、あなたの空想が不思議な方向へ転がることを願う。



氏原 栞里 Shiori Uzihara
 —略歴—
2008年 第62回高知県美術展覧会入選
     第28回高知県女流展覧会入選
2009年 第29回青潮賞・高知美術振興会奨励賞
2010年 ニッケピュアハート ホームページ賞 
2011年 nu+ペイントプロジェクト
     京都アートコミュニティグループ展「今回は動物になってみました展」
     ArtDive#5出展
2012年 京都アートコミュニティグループ展「脳内庭園」
     ArtDive#6 個人出展
     グループ展「PINK10」
     美術学生年賀状コンテスト 優秀作品
    「ディズニー110体バイナルメーション」作品展
     京都造形芸術大学 学生作品展
     電通×京都造形芸術大学 人権アートプロジェクト2012 選抜作品
2013年 大阪二科展第二回ポストカード大賞 入選
2014年 卒業制作個展「FAKE」
2015年 actステラノヴァ3 展示参加
2016年 gallery art point 個展

Web http://shioriuzihara.velvet.jp/


hasaqui yamanobe


The Enemy of Laocoon
(木製パネル、アクリル)
ギリシア神話に登場する神官ラオコーンは2人の息子とともに海蛇によって殺害されました。その海蛇を使わせた神には文献によって諸説あり、主流の説としてはポセイドンであるとされ、さらにアテナ、アポロンとの説もあります。本作ではそれらの文献を考慮にいれ、これまで描かれることのなかった海蛇を使わせたラオコーンの敵の造形に挑んでいます。18世紀ドイツの劇作家・思想家のG.E.レッシングはその著作『ラオコーン』において、ラオコーン群像を巡る考察から詩画比較論を展開します。詩と絵画にはそのメディウムにふさわしい描くべき対象があるとするジャンル論のはしりです。それは後に20世紀のクレメント・グリーンバーグの『さらに新たなラオコーンに向かって』という論考に接続されることとなり、絵画の自律を志向するフォーマリズムの流れの一つの基盤となります。レッシングがその著作のタイトルとして『ラオコーン』を冠したことが大きなインパクトを生んだように、ラオコーン群像は受苦の造形として傑作であり、発見当時にイタリアの彫刻家の注目の的となっただけではなく、今日においても多くの関心を集めていると言えます。一方で神官ラオコーンがなぜ殺されなければならなかったのかという点については、ギリシア神話の諸文献の記述が異なることもあり大きな謎を残したままです。神聖なトロイの木馬に槍を投げたからなのか、牛の生け贄を捧げたことに問題があったのか、神官であるにもかかわらず妻帯し、神殿で妻と交わったからなのか。一体何が誰の怒りにふれてこのようなことになったのか、「ラオコーンの敵」を造形することでその謎に迫りたいと考えました。これまでエル・グレコの作品のようにラオコーンの造形としては多くの作品が残されています。それらを別の目線から捉えることにも繋がるのではないかと考えます。



hasaqui yamanobe

hasaqui yamanobe was born in 1982.And now he live in Tokyo.
hasaqui studied philosophy/aesthetics and art criticism, mainly 18th german thinker G.E.Lessing’s “Laokoon”.
After attending MFA at Tokyo University of the Arts in 2007-2009, he started working at consulting firm as a engineer and consultant. In parallel, from 2016 he started drawing with motif of “Laokoon”(Towards a Newest Laocoon), libidinal economics and corporate strategy.

東京在住。
ラオコーン群像及びレッシングの著作『ラオコオン』に触発され、Towards a Newest Laocoonを志向し作品を制作している。
現在は情動と寛容に係る造形について取り組んでいる。
また2017年4月より、調布市仙川にて週末不定期開廊型ギャラリーであるSchildpatt Galleryをスタートし、自身の作品の発表の場とする他、他作家の展示・紹介にも取り組む。
2009年 東京芸術大学大学院美術研究科修了

展示歴
2017年 第12回タグボートアワード入選者展@IID Gallery
Paratextual LK1@Schildpatt Gallery
https://www.schildpattgallery.com

Web http://www.hasaqui.com/