CarlosDare


Kraken
(金属)
多くの人の命を奪った東日本大震災の津波は、人間に自然の猛威の怖さを改めて認識させました。しかし自然が人間の命を奪うとき、そこに悪意などはないはず。もし自然に感情があったなら、自分自身をコントロールできないことへの悲しみがあるのではないか。この作品は、自分自身をコントロールできないドラゴンを、多くの命を奪ってしまった津波として、その悲しみを表現しています。



CarlosDare
彫刻家兼イラストレーター
1976年 イギリス サリー州生まれ
イギリス・ノースブルックカレッジでイラストを学ぶ。
カレッジを卒業後、彫刻家としてアルミ板を加工して様々な動物やキャラクターを作成するとともに、イラストレーターとしても活動し、「Tricky Tisha」という本を出版。イギリスの2つのギャラリーで常時作品を販売するとともに、毎年イギリス各地で行われるアートフェアに出展。
2016年から子どもの誕生を機に日本に移住し、仙台市を拠点に活動を開始する。
    
2016年11月2日〜7日  TDW(東京デザインウィーク)アートフェアに出展
2016年12月3日〜10日 個展カルロス・デア展〜metal, nature and story〜開催(日立システムズホール仙台)

Twitter(ハッシュタグ#monsterexhibition) で