鈴木 祥平

無題 (習性のモデル)

無題 (習性のモデル)

本作において私は、都市は私たちにとっての自然であるという前提のもと、個と都市のシステムとの図式、それぞれが抱える都合と繰り返される営み
と重ね合わせて作品に投影し、これを表現しようとしています。
私たちはそれぞれが固有でありながら、日課や習慣を繰り返し、反復の営みの中で動いています。それが今日の自然を構成すると私は考えています。
自然を構成するセグメントとしての個。それは私のことであり貴方の事でもあります。その一方で私たちは私たちの中に固有のパーソナリティを
有している事を知っている。
個と反芻のシステムとの共生を、ネガティヴにでもポジティブにでもなく、ただ単にそこにそうあるという事を見る1つの装置としてインスタレー
ションを構成します。

鈴木 祥平

鈴木 祥平アーティスト・デザイナー
多摩美術大学卒業
自然観などをテーマに主に立体作品を制作。

Web http://suzukishohei.tumblr.com/