カネコ ナツミ

kaneko


深い森に潜む植物は強く美しいが、生きていくための鋭い棘や牙を持っている。
中心には人間の心臓があり、自然によって生かされているという意味が込めてある。
自然の姿がモンスターと化さないよう、牙を剥かないよう、私たちはこの自然界で共生していかなければならない。


kanekop
カネコ ナツミ
幼い頃は生き物に興味があり、飼い方も分からず虫かごにたくさんのトンボや蝉、ダンゴムシたちを閉じ込めて観察していた。工作やプラモデル作りが大好きで8歳の頃に造形教室という習い事をはじめた。‘なにかつくる人’になりたいと漠然とした夢ができた。その漠然とした夢は大きくなってからも変わらず、九州産業大学の芸術学部工芸学科へ進み20歳の頃に‘金属を使ってなにかをつくる人’になりたいと思い工芸科の金属コースへ進み、卒業後もモノ作りをしていきたいと思い、自宅近くに工房『empty』をつくり、アルバイトをしながら好きなものをつくった。そして24歳、ひょんなことから友人3人で世界一周の旅へ半年近くでた。世界23カ国をまわり、豊かな国や貧しい国の暮らしを僅かであるが垣間見た。いろんな国のいろんな働く人を見て、モノ作りを仕事にしたいと思い、一から手作業でモノをつくり展示会やイベント活動している。

2010年 卒業制作優秀展 (九産大美術館)
    美ナビ展(六本木ヒルズアートギャラリー)
    Art&Portforio展 (新宿眼科画廊)
    OB展 (福岡県立美術館)
2011年 connect展 (九産大美術館)
    Artcube展示 (博多阪急)
    Select 13 (銀座acギャラリー)
2012年 宇和島パールデザイン 特別賞
2014年 モンスター展 (渋谷ヒカリエ)
    デザインフェスタ (東京ビッグサイト)
    モンスター展(NY hpgrp gallery)
天神ラボ (福岡PARCO)

http://2011-empty.jimdo.com