NY巡回展レポート

2014年7月1日〜12日NewYorkチェルシーで、MONSTER exhibitionの巡回展が無事終了しました。
渋谷に引き続き28名の作家がNewYork巡回展に参加し、9名もの作家が渡米しました。
期間中は、170名ものニューヨーカーが訪れました。

絵画の作品については、渋谷での場所の都合で存分に表現することが難しかったため、
NYでは展示スペースを広げ、作り直しや連作を可能としました。
もちろん、造作についても自由度を広げましたので、新しいコンセプトで出品したり、
連作に挑んだ作家が多く、NewYorkでの展示の意欲を感じました。
さらに素晴らしくなったNewYorkの展示の様子をご紹介いたします。

06

12

11

10

09

08

07

05

04

03

02

01

7月3日はReceptionパーティでした。あいにくの豪雨に見舞われましたが、
それでもたくさんの人が訪れてくれました。

2014-07-03 19.32.41

2014-07-03 18.56.24

2014-07-03 18.32.52

2014-07-03 18.32.24 HDR

MONSTER exhibition2014は、これにて一旦終了いたします。
今回もたくさんの人達のご支援により無事終了することができました。この場をお借りし御礼申し上げます。
さて、MONSTER exhibition2015に向けて公募開始する予定ですので、ぜひご参加ください。
また最後に五十嵐太郎先生より講評を頂きましたので、こちらにも転載いたします。

●モンスター展    五十嵐太郎

 多くの日本人にとって、怪獣は美術館よりも早く、最初に目にするアート的な造形だろう。2014年は、ウルトラマンに関わった、大がかりな成田亨展が富山県立近代美術館で開催されるなど、近年はアートとしての価値も認められるようになった。MONSTER展では、アートやデザインの領域から様々な怪獣への想像力が集まる。やはり、異なるモノを接合させるキメラ的な造形が多いなかで、今回の最優秀となった宮崎宏康の作品はまったく違うアプローチが光っていた。怪獣の咆哮や民衆の叫び声の文字を形象化していたからである。姿なき怪獣という意味では、怪獣が画面に登場しない映画『大怪獣東京に現わる』の奇策を想起させる。また日本特有の怪獣と日本特有のオノマトペの組み合わせも興味深い。2014年はゴジラがアメリカに上陸し、映画が大成功した年にもなったが、MONSTER展も本家に負けずと、ニューヨーク進出を継続しており、今後が楽しみである。