NY巡回展レポート

2014年7月1日〜12日NewYorkチェルシーで、MONSTER exhibitionの巡回展が無事終了しました。
渋谷に引き続き28名の作家がNewYork巡回展に参加し、9名もの作家が渡米しました。
期間中は、170名ものニューヨーカーが訪れました。

絵画の作品については、渋谷での場所の都合で存分に表現することが難しかったため、
NYでは展示スペースを広げ、作り直しや連作を可能としました。
もちろん、造作についても自由度を広げましたので、新しいコンセプトで出品したり、
連作に挑んだ作家が多く、NewYorkでの展示の意欲を感じました。
さらに素晴らしくなったNewYorkの展示の様子をご紹介いたします。

06

12

11

10

09

08

07

05

04

03

02

01

7月3日はReceptionパーティでした。あいにくの豪雨に見舞われましたが、
それでもたくさんの人が訪れてくれました。

2014-07-03 19.32.41

2014-07-03 18.56.24

2014-07-03 18.32.52

2014-07-03 18.32.24 HDR

MONSTER exhibition2014は、これにて一旦終了いたします。
今回もたくさんの人達のご支援により無事終了することができました。この場をお借りし御礼申し上げます。
さて、MONSTER exhibition2015に向けて公募開始する予定ですので、ぜひご参加ください。
また最後に五十嵐太郎先生より講評を頂きましたので、こちらにも転載いたします。

●モンスター展    五十嵐太郎

 多くの日本人にとって、怪獣は美術館よりも早く、最初に目にするアート的な造形だろう。2014年は、ウルトラマンに関わった、大がかりな成田亨展が富山県立近代美術館で開催されるなど、近年はアートとしての価値も認められるようになった。MONSTER展では、アートやデザインの領域から様々な怪獣への想像力が集まる。やはり、異なるモノを接合させるキメラ的な造形が多いなかで、今回の最優秀となった宮崎宏康の作品はまったく違うアプローチが光っていた。怪獣の咆哮や民衆の叫び声の文字を形象化していたからである。姿なき怪獣という意味では、怪獣が画面に登場しない映画『大怪獣東京に現わる』の奇策を想起させる。また日本特有の怪獣と日本特有のオノマトペの組み合わせも興味深い。2014年はゴジラがアメリカに上陸し、映画が大成功した年にもなったが、MONSTER展も本家に負けずと、ニューヨーク進出を継続しており、今後が楽しみである。


2014年の最優秀賞と優秀賞の発表

MONSTER Exhibition 2014の最優秀賞は、次の作家に決定いたしました。

作家名:宮崎 宏康
作品名:ひらがな-Figures「が」「ぉ」「−」・「き」「ゃ」「−」
01
作品コンセプト:鉄腕アトム、スネ夫、サザエさん・・。二次元にしか存在し得ない形状の髪形を見事に立体化する日本のフィギュア造型師。その匠技に倣って、日本独自の文字「ひらがな」を強引に立体化。「がぉ~」「きゃ~」と読める角度を探して頭をうごかす観客の姿も怪獣MONSTERに見えてくるかもしれません。
受賞についてコメント:小学校時代を東北で過ごしました。仙台や山形にいる友人達のことがいつも頭の片隅にあります。自分も日々生活する中で何ができるのか。直接の警鐘ではなく、純粋に作品を楽しむことが力になる場をつくる、というこの企画に深く共感しました。与えられた場に感謝し、力を伝えられるよう全力を尽くします。

審査員より講評
●モンスター展   五十嵐太郎

多くの日本人にとって、怪獣は美術館よりも早く、最初に目にするアート的な造形だろう。2014年は、ウルトラマンに関わった、大がかりな成田亨展が富山県立近代美術館で開催されるなど、近年はアートとしての価値も認められるようになった。MONSTER展では、アートやデザインの領域から様々な怪獣への想像力が集まる。やはり、異なるモノを接合させるキメラ的な造形が多いなかで、今回の最優秀となった宮崎宏康の作品はまったく違うアプローチが光っていた。怪獣の咆哮や民衆の叫び声の文字を形象化していたからである。姿なき怪獣という意味では、怪獣が画面に登場しない映画『大怪獣東京に現わる』の奇策を想起させる。また日本特有の怪獣と日本特有のオノマトペの組み合わせも興味深い。2014年はゴジラがアメリカに上陸し、映画が大成功した年にもなったが、MONSTER展も本家に負けずと、ニューヨーク進出を継続しており、今後が楽しみである。

優秀賞は、次の5名の作家に決定いたしました。

作家名:カブリモノス
作品名:KUMO-ZARU
kaburimono
作品コンセプト:kaburimonos(カブリモノス)は、アートピースとしてのかぶりものをテーマに創作活動を行っています。
MONSTER展に出展させていただいた作品は「KUMO-ZARU」という作品です。
クモ(タランチュラ)とサル(ニホンザル)をモチーフとした、ハイブリッド・モンスターのかぶりものです。
受賞についてコメント:賞をいただけてとても光栄です。これを励みに今後もモンスター(のかぶりもの)を創っていきます。

作家名:坂爪康太郎
作品名:泡の仮面
sakadume
作品コンセプト
泡は消えると分かっているから尊いわけで
光に照らされ影ができるように
表が裏を生んだんだ
受賞についてコメント:復興チャリティーの公募展でありながらあえて「monster」をテーマとしたところに強い意志を感じました。私としては「monster」を、それぞれが向き合わなければいけない対象であると受けとめ、そのような意識で制作をさせて頂きました。優秀賞を頂くことができて大変嬉しく思います。

作家名:nisai®
作品名:Hands Monster
nisai
作品コンセプト:ヒトの手は悪意と善意を持ち合わせたモンスターになり得ます。針金を亀甲編みで立体造形して作品を作っています。
編目で造形される面と、透過して見える向こうの網がモアレを作り独特の空間を作り上げます。モビールの様に動くことでその影が思いがけない造形美を作り出します。
受賞についてコメント:モンスターという言葉の響きに躊躇なく応募しました。4年前から針金を使った造形をはじめました。受賞できたことは今後の可能性をより実感できたと思っています。創造力に満ちた作品を今後も制作してゆきたいと思います。

作家名:ウエツジ ショータロー
作品名:Beautiful Dreamer
uetsuji
作品コンセプト:眠りの中。夢を見る。消えない記憶の悪夢。悪夢を飲み込む怪獣。怪獣は観る人によって恐ろしくもあり、神々しくも映り、滑稽にも見えます。様々な姿にメタモルフォーゼする怪獣の魅力、不気味だけど心躍る、そんな絵を描きたいと思いました。
受賞についてコメント:普段からモンスターなイラストばかり描いているので、このMONSTER Exhibitionで賞をいただけたことが本当に嬉しいです。これからも多くの人に楽しんでもらえるモンスターを描いていきたいと改めて感じています。感謝感激でございます。

作家名:佐伯 裕圭
作品名:旅の空で見た行列
saeki
作品コンセプト:可視と非可視の狭間にある、割り切れない部分にピントを合わせる事を意識しながら制作を進めています。
肉眼を通してモンスターを見る事はできません。しかし、実際の肉眼に映らない物ほど私たちの心を満たすものはないように思います。
眼に映らない物に憧れる心をもつことで、どんな場所でも状況でも、いつだってモンスターに出会える。という思いで<旅の空に見た行列>と題しました。いつも同じ空が頭上にあるごとく。
受賞についてコメント:この度は、受賞をいただき大変嬉しく思っています。
これまで制作してきたものがモンスターを連想させるものでしたので、普段通りのびのびと制作する事ができました。この受賞を励みに、今後も精進していきます。


2014年の最優秀賞と優秀賞の発表

MONSTER Exhibition 2014の最優秀賞は、次の作家に決定いたしました。

作家名:宮崎 宏康
作品名:ひらがな-Figures「が」「ぉ」「−」・「き」「ゃ」「−」
01
作品コンセプト:鉄腕アトム、スネ夫、サザエさん・・。二次元にしか存在し得ない形状の髪形を見事に立体化する日本のフィギュア造型師。その匠技に倣って、日本独自の文字「ひらがな」を強引に立体化。「がぉ~」「きゃ~」と読める角度を探して頭をうごかす観客の姿も怪獣MONSTERに見えてくるかもしれません。
受賞についてコメント:小学校時代を東北で過ごしました。仙台や山形にいる友人達のことがいつも頭の片隅にあります。自分も日々生活する中で何ができるのか。直接の警鐘ではなく、純粋に作品を楽しむことが力になる場をつくる、というこの企画に深く共感しました。与えられた場に感謝し、力を伝えられるよう全力を尽くします。

審査員より講評
●モンスター展   五十嵐太郎

多くの日本人にとって、怪獣は美術館よりも早く、最初に目にするアート的な造形だろう。2014年は、ウルトラマンに関わった、大がかりな成田亨展が富山県立近代美術館で開催されるなど、近年はアートとしての価値も認められるようになった。MONSTER展では、アートやデザインの領域から様々な怪獣への想像力が集まる。やはり、異なるモノを接合させるキメラ的な造形が多いなかで、今回の最優秀となった宮崎宏康の作品はまったく違うアプローチが光っていた。怪獣の咆哮や民衆の叫び声の文字を形象化していたからである。姿なき怪獣という意味では、怪獣が画面に登場しない映画『大怪獣東京に現わる』の奇策を想起させる。また日本特有の怪獣と日本特有のオノマトペの組み合わせも興味深い。2014年はゴジラがアメリカに上陸し、映画が大成功した年にもなったが、MONSTER展も本家に負けずと、ニューヨーク進出を継続しており、今後が楽しみである。

優秀賞は、次の5名の作家に決定いたしました。

作家名:カブリモノス
作品名:KUMO-ZARU
kaburimono
作品コンセプト:kaburimonos(カブリモノス)は、アートピースとしてのかぶりものをテーマに創作活動を行っています。
MONSTER展に出展させていただいた作品は「KUMO-ZARU」という作品です。
クモ(タランチュラ)とサル(ニホンザル)をモチーフとした、ハイブリッド・モンスターのかぶりものです。
受賞についてコメント:賞をいただけてとても光栄です。これを励みに今後もモンスター(のかぶりもの)を創っていきます。

作家名:坂爪康太郎
作品名:泡の仮面
sakadume
作品コンセプト
泡は消えると分かっているから尊いわけで
光に照らされ影ができるように
表が裏を生んだんだ
受賞についてコメント:復興チャリティーの公募展でありながらあえて「monster」をテーマとしたところに強い意志を感じました。私としては「monster」を、それぞれが向き合わなければいけない対象であると受けとめ、そのような意識で制作をさせて頂きました。優秀賞を頂くことができて大変嬉しく思います。

作家名:nisai®
作品名:Hands Monster
nisai
作品コンセプト:ヒトの手は悪意と善意を持ち合わせたモンスターになり得ます。針金を亀甲編みで立体造形して作品を作っています。
編目で造形される面と、透過して見える向こうの網がモアレを作り独特の空間を作り上げます。モビールの様に動くことでその影が思いがけない造形美を作り出します。
受賞についてコメント:モンスターという言葉の響きに躊躇なく応募しました。4年前から針金を使った造形をはじめました。受賞できたことは今後の可能性をより実感できたと思っています。創造力に満ちた作品を今後も制作してゆきたいと思います。

作家名:ウエツジ ショータロー
作品名:Beautiful Dreamer
uetsuji
作品コンセプト:眠りの中。夢を見る。消えない記憶の悪夢。悪夢を飲み込む怪獣。怪獣は観る人によって恐ろしくもあり、神々しくも映り、滑稽にも見えます。様々な姿にメタモルフォーゼする怪獣の魅力、不気味だけど心躍る、そんな絵を描きたいと思いました。
受賞についてコメント:普段からモンスターなイラストばかり描いているので、このMONSTER Exhibitionで賞をいただけたことが本当に嬉しいです。これからも多くの人に楽しんでもらえるモンスターを描いていきたいと改めて感じています。感謝感激でございます。

作家名:佐伯 裕圭
作品名:旅の空で見た行列
saeki
作品コンセプト:可視と非可視の狭間にある、割り切れない部分にピントを合わせる事を意識しながら制作を進めています。
肉眼を通してモンスターを見る事はできません。しかし、実際の肉眼に映らない物ほど私たちの心を満たすものはないように思います。
眼に映らない物に憧れる心をもつことで、どんな場所でも状況でも、いつだってモンスターに出会える。という思いで<旅の空に見た行列>と題しました。いつも同じ空が頭上にあるごとく。
受賞についてコメント:この度は、受賞をいただき大変嬉しく思っています。
これまで制作してきたものがモンスターを連想させるものでしたので、普段通りのびのびと制作する事ができました。この受賞を励みに、今後も精進していきます。


展示会終了しました。

P3096092

2014年3月8日〜12日に開催しましたMONSTER Exhibition 2014は、終了いたしました。
5日間で4000人の来場者があり、大盛況に終えることができました。

この展示会はたくさんの方が応援してくれて開催することができました。
この場をお借りして御礼申す上げます。

また、作家の皆様も素敵な作品を有り難うございました。

6月末からはNewYorkで巡回展を開催いたします。引き続き、情報を掲載して参りますので引き続き宜しくお願いいたします。

P3116121
怪獣絵師開田裕治先生の迫力のオリジナル描き下ろし「彼方より」

P3106111
あのラボの「アソビバ」は、子供たちに大人気でした。


展示会終了しました。

P3096092

2014年3月8日〜12日に開催しましたMONSTER Exhibition 2014は、終了いたしました。
5日間で4000人の来場者があり、大盛況に終えることができました。

この展示会はたくさんの方が応援してくれて開催することができました。
この場をお借りして御礼申す上げます。

また、作家の皆様も素敵な作品を有り難うございました。

6月末からはNewYorkで巡回展を開催いたします。引き続き、情報を掲載して参りますので引き続き宜しくお願いいたします。

P3116121
怪獣絵師開田裕治先生の迫力のオリジナル描き下ろし「彼方より」

P3106111
あのラボの「アソビバ」は、子供たちに大人気でした。


クラウドファンディグにご協力頂きありがとうございました。

先日、クラウドファンディグプロジェクトを達成することができました。
たくさんの方にご協力頂き、誠にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。
https://readyfor.jp/projects/MONSTERExhibition

また、次の企業様にご協賛頂きました。
厚く御礼申し上げます。

株式会社ツルカメ ウェブ解析士認定講座

なお、クラウドファンディグでTシャツの引き換え券ご購入の方には、
現在、サイズと色についてご希望をお聞きするフォームを準備中です。
ご案内までもう少しお待ち下さい。

レセプションパーティ券のの引き換え券ご購入の方には、
追って詳細についてご連絡申し上げます。


出展者が決定しました。

おめでとうございます!厳正なる審査の上、次の30名の方が選出されました。

金子 なつみ
熊谷 信夫
尾上 智也
浅井 海奈
吉田 絢乃
花上 貴之
岩崎 絵梨奈
中川 明徳
宮崎 宏康
高橋 喜人
田島 大介
若林 やすと
小林 正英
竹内 純
西脇裕博
三輪 裕治
長谷部 勇人
森下 裕介
山瀬 まゆみ
鈴木 健介
KABURIMONOS
佐伯 裕圭
森田 康介
上辻 正太郎
芦原 有理
アポロ ヒロシ ディメンション
久保 有美
竹井 裕宣
鈴木 葉
坂爪 康太郎
(エントリー順)

なお、合否の結果はメールにて配信しておりますが、届いていない場合は、
メールにて事務局までお問い合わせください。


Artist Infoページが出来ました。

2014は、Special Joint Artistに「怪獣絵師」として名高い怪獣イラストレーションの第一人者の開田裕治氏をお招きし特別展示を行います。
サプライズイベントがあるかもしれません。詳しくは、Newsで公開して行きます。

また、Joint ArtistにASADAさん、北林洪子さん、前野健一さんに参加頂きます。

昨年の受賞者の小野誠さんとshichigoro-shingoからもコメントが届きました!
お二人ともご活躍されていて、事務局もとても嬉しいです。

その他、こちらのページでは、決定したアーティストを御紹介していく予定です。
お楽しみにしてください。


MONSTER Exhibition2014メインビジュアルデザイン

monster_mainvisual_01

MONSTER Exhibition2014メインビジュアルデザインを栗木 美穂(MIHO KURIKI)さんにお願いしました。

栗木さんからのMain visual conceptの御紹介です。
「新しく生まれるアートの力強い鼓動が、今にも聞こえてきそうな、内側から溢れ出すエネルギーを表現しました。見る人によって形を変える多面的なそのフォルムは、多の可能性を持つクリエーター達が結集し、力強く変化し続けるMONSTER展のイメージそのものです。」

この素敵なデザインは、MONSTER Exhibition2014の公募ポスター、開催告知ポスター、ポストカードやTシャツなど展開していきます。
是非、楽しみにしていてください!


MONSTER展の公募を開始しました。

お待たせいたしました。MONSTER Exhibition2014の公募を開始いたしました。

第2回目は、コンセプトはそのままで多くの方がチャリティに取り組める内容となっています。
アーティストやデザイナーは創作することがチャリティへと繋がり、来場者は会場を楽しんでもらいながら、今一度、あの時のことを思い出してもらうことで風化させない取り組みです。
また、作品を買ってもらうことで、アーティストの創作活動支援となり、チャリティにも募金することができます。

詳しい公募については、こちらをご覧ください。