坂爪 康太郎 SAKAZUME KOTARO

sakazume


プロフィール2
坂爪 康太郎
1988年東京生まれ。仮面作家。
大学ではデザインと陶芸を学ぶ。
在学中に初めて仮面を作り、また同時期にパリの美術館で大量のアフリカ、東南アジアなどの仮面を見て、その造形のもつパワーに魅せられる。
大学を卒業した2012年より仮面作家として活動を開始。仮面を作る他、仮面を使ったイベントなどを行い、人と仮面の関わっていく場もつくっている。
昨秋より舞踏家、カメラマンと仮面のパフォーマンスユニット「チーム仮面」を結成し、展示の際にパフォーマンスを行うなどの、踊りを介した仮面の表現を実験している。
【略歴】
2012 武蔵野美術大学工芸工業学科陶磁専攻 卒業
2012 新宿伊勢丹クリスマスディスプレイに使用する仮面を制作(新宿伊勢丹)
2012 個展「meme」、会期中に参加型の仮面イベント開催(SUZUCAFE神宮前)
2013 絵描きやイラストレーターとコラボレーションした仮面の企画展を開催(case gallery)
2013 rooms27出展@代々木体育館
2013 大地を包む~繊維からの再考~展 出展(越後妻有里山現代美術館)
2013 UMARTs2013 うまからはじまる15のアート 出展(馬の博物館)

Web:http://tumemblr.tumblr.com/

仮面、マスクというと、僕らの暮らしの中ではあまり馴染みが無いものかもしれません。
でも日本には古くから魅力的な仮面がたくさんあります。
そしてかつての仮面の文化の興りは世界中で散見することができます。
実は現代に生きる僕らも、世界に、社会に属するために見えない仮面をかぶってはいるんじゃないでしょうか。仮面について調べていくと、どうも人の存在の
方法の根本へと導かれていくようなのです。そのような思考のもと、仮面という造形をテーマに制作しています。
〈今回の展示作品について〉
仮面から被るという用途を除くと、そこには表裏の関係を主張する異形が現われる。それは外と僕らを隔てる壁のようで、僕らそのもののようで。


カネコ ナツミ Natsumi kaneko

kanekonatsumi


IMG_5613

カネコ ナツミ
幼い頃は生き物に興味があり、飼い方も分からず虫かごにたくさんのトンボや蝉、ダンゴムシたちを閉じ込めて、家に持ち帰りはよく怒られていた。
絵を描くことは好きではなかったが、工作やプラモデル作りは大好きで8歳の頃に造形教室という習い事をはじめた。
夢は‘なにかをつくる人’だった。
その漠然とした夢は大きくなってからも変わらず、大学では九州産業大学の芸術学部工芸学科へ進み20歳の頃に‘金属を使ってなにかをつくる人’になりたいと思い工芸科の金属コースへ進んだ。
卒業後もモノ作りをしていきたいと思い、自宅近くに工房『empty』をつくり、アルバイトをしながら好きなものをつくった。
そして24歳、ひょんなことから友人3人で世界一周の旅へ半年近くでた。
世界23カ国をまわり、豊かな国や貧しい国の暮らしを僅かであるが垣間見た。
いろんな国のいろんな働く人を見て、モノ作りを仕事にしたいと思った。
そして25歳から福岡のARTRICKにてモノ作りをしている。

■results
2010年 卒業制作優秀展(九産大美術館)
美ナビ展(六本木ヒルズアートギャラリー)
Art&Portforio展(新宿眼科画廊)
2011年
OB展(福岡県立美術館)
connect展(九産大美術館)
Artcube展示(博多阪急)
何もない中にあるもの展(empty)
2012年
select 13 (銀座acギャラリー)
宇和島パールデザイン 特別賞
2013年 ARTRICKにてジュエリー制作

Web:2011-empty.jimdo.com

自然の怒りは怖い。
自然の警告を受け止めなければまたモンスターはやってくる。
3.11の自然の警告  [地震]  [津波] 自然の怒りを忘れてはならない。
地球規模で自然との共生を考えなければならず、
自然(モンスター)とうまく共生していかなければ人間は生かされないのだ。

Natural anger is dreadful.
If it does not respond to a natural warning, a monster comes again.
3.11 natural warning [Earthquake] [Tsunami] Don’t forget natural anger.
You have to consider symbiosis with nature on a global scale,
If it does not live together well with nature (monster), man is not employed efficiently.
※I can’t speak English!


K Suzuki

suzukiK


prof
K Suzuki
ジム・ヘンソン、レイ・ハリーハウゼン、アーサー・ラッカム、ブライアン・フロウド、辻村ジュサブロー、加藤直之、成田亨、高山良策、利光貞三、池谷仙克、安丸信行、岡本忠成、リック・ベイカー、クリス・ウェイラス、ロブ・ボッティン、ディック・スミス、ウィリス・オブライエン、スタン・ウィンストン、カレル・ゼマン、ジム・ダンフォース、フィル・ティペット、クレイグ・リアドン、デビッド・アレン、ETC・・・彼らが「creature」を創ることを教えてくれた


鈴木 葉 Suzuki Yoh

suzuki


スクリーンショット 2014-03-05 22.27.36
鈴木 葉
1983年 千葉県に生まれる
2005年 第5回YKKファスニングアワード 入選 『ジュエリーと帽子の融合』
2006年 卒業作品 『音/心臓』 グループ大賞・北村信彦賞・コシノヒロコ賞受賞
東京モード学園 ファッションデザイン学科ブランド創造デザイナー専攻修了
~2010年 アパレルブランドのショップスタッフを経てメーカーへ転職
レディースアパレルブランド向けの商品企画・営業に携わる
~現在  育児をしながら作品制作に取り組んでいる

平面・立体を問わず、アクリルとオイルパステルのスクラッチを中心とした作品を制作しています。
ファンタジックで、少しダークなエッセンスの入った作品を得意とします。

ぽこぽこと生まれるモンスター達の 殻を突き破るパワー、個性的なかたち、そして命のエネルギー。
それは何かの始まりや、希望を感じさせてくれます。
今回は、そのフォルムが愛らしく癖になる、魔力を放つモンスターの赤ちゃんを制作します。
特殊な形の多肉植物と造形で表現する 妖しく奇妙なモンスターベイビーズ!

I am making a work of scratching of oil pastel.
I challenge the monster baby birth representation of succulent plants of a special form.
Individual form of monsters, the birth energy of life.
The birth energy of life, it can help you feel hope.
I want to fantastic and mysterious monster. Including darkness of the little.
I want you to feel the magical power and mystical charm of monsters.


芦原 有理 Ashihara Yuri

ashihara


芦原有理プロフィール写真
芦原 有理
独学で立体造形を始めて約8年
独自の暦、水牛暦で生活して6年目

web: 水牛暦カレンダー http://suigyureki.web.fc2.com/index.html

これまで既成の生き方をしてこなかった分、自分にしかできない概念を覆すような表現ができる芸術家をめざして、これからも作り続けていきます。


山瀬まゆみ Mayumi Yamase

yamase


2.profil_pic_mayummi.yamase
山瀬まゆみ
2013,10 ‘シブカル祭り。’ – at Parco Shibuya / Tokyo
2013,02 ‘HELLO, SHIBUYA TOKYO’ – at PLAZA SINGAPLA / SINGAPORE
2012,10 ‘シブカル祭り。’ – at Parco Shibuya / Tokyo
2012,10 ‘CREATORS CIRCUS’ – at TABLOID / Tokyo
2011,11 ‘Ether’ – at Charlie Dutton Gallery / London
2011,04 ‘BENEFIT FOR NIPPON’ – at Subway gallery / London
2010,12 ‘SILENT NIGHT’ – at C4RD / London
2010,03 ‘Condensation 2010’ – at Hanbury Hall / London
2010,01 ‘SELL-OUT’ – at Subway gallery / London

Web:www.mayumiyamase.com

1986年生まれ。東京出身。幼少期をアメリカで過ごし、高校卒業と同時に渡英。ロンドン芸術大学、Chelsea college of arts and designにてFine art科を専攻、次席で卒業。
ソフトスカルプチャーを使いインタラクティブな作品と抽象的なドローイングを主に、相対するリアリティ(肉体)とファンタジーをコンセプトに制作する。

Mayumi Yamase’s serene amoebic sculptures are simultaneously alien and comforting. Their vague relation to the animal kingdom is occasionally emphasized when the gentle pastel colour palette is dissected to reveal the intestines and guts of what must be some kind of organic form. All of her work is infected with a benign and unique life.


nisai®

nisai


nisai photo
nisai ® / 熊谷信夫
大阪ブリキ玩具資料室 代表
日本人形玩具学会 会員
からくりを取り入れたキネティックアートを探求中。金網でフォルムを表現することで境界を意識しながら作品を制作しています。
不規則に見える動きを取り入れることによって表現する世界観に四次元的な軸表現しました。

Web:https://www.facebook.com/Nisaisan

*針金を使ってアミを作ってさまざまな造形を制作しています。
主に追求しているのは、クラインの壺です。
針金を使ったアミを編み込んで制作するので空間の表現が独特のものになります。
造形面がアミであるが故に透過した向こう側の景色や造形が見えて、モアレを起こした不思議な空間がそこに生まれます。
二次元の写真などでは経験できない3Dの空間を体現するには実際の作品を見ていただかないとわからない部分があリます。
ライブで見なければ感じ取れない空間を見ていただきたいと思っています。

1948年 大阪生まれ。
1971年大阪梅田の阪急ファイブでオモチャと雑貨の店『あしたの箱』開店。ブリキ玩具の取り扱いを始め現在に至る。
1978年 大阪ブリキ玩具資料室開設。
1979年『ブリキのオモチャ』刊行。
1989年 鉄人28号の復刻生産始める。
2003年 有馬玩具博物館開館の際3階展示室の日本のブリキ玩具展示を担当。
2010年までに30アイテムを超えるブリキ玩具を製品化。
2010年12月 ブリキのおもちゃをモティーフにした『まいごのりんご』発行。 [ 2001年ボローニャ国際絵本展入選作品(文・熊谷眞由美/絵・田中友美子)]

アート活動
2010年11月 『ギャラリーあしたの箱』の『Wind up ART』展で作品発表
* JUG JUG CUBE *WIRE MESH JUGLLER
2011年7月『Happy Maker in 高野山2011』入選 アーティストとして展示
2011年11月『おおさかカンヴァスプロジェク』 協賛作品出品
2012年7月『有馬温泉路地裏アートプリジェクト2012』入選 参加
2012年9月『ART SHOWER 2012 CASO』入選 公開制作 展示
2012年10月『ART STREAM 2012 大阪心斎橋大丸 入選
2012年12月『Art in the office 2012 CCC AWARDS』入選
2013年6月『ART SHOWERグループ展』海岸通ギャラリーCASO 参加
2013年10月23日〜11月3日『THE EXHIBITION of WIRE NET WORK by nisai®』個展、京都市川端三条上がる galerie wissraum Kyoto

nisai ® / Nobuo Kumagai

Representative OSAKA TIN TOY INSTITUTE.
Japanese tin toy specialist.
1979 published ” ’50s JAPANESE MECHANICAL TIN TOYS”
1989 Reproduced Tetsujin 28 Toys.
1989~2011 Many Japanese master pieces were reproduced these 25 years.

ARTIST nisai®
☆July 2011
『Happy maker in Koyasan2011』 at Reihou-kan. Exhibit Kinetic art.

☆November 23 to December 22 2011
『Osaka Canvas Project 』at Osaka Prefectural main front door.
Exhibit Kinetic art.

☆July 2012
Arima Hot Spring “Rojiura art project 2012”

☆September 2012
“Art Shower 2012 # ” at CASO in Osaka

☆October 2012
“ART ATREAM 2012 ” at DAIMARU Dept. OSAKA

☆March 2013
“CCC AWAEDS exhibition” at T-site garden gallery Daikanyama Tokyo
https://www.facebook.com/cccawards
My work are exhibited in CCC main office at Sibuya one year.

☆June 2013
“Art Shower Exhibition of group exhibition 2012 Art Shower member ”
at CASO in Osaka

☆October 23~November 3, 2013
” THE EXHIBITION of WIRE NET WORK by nisai® ” solo exhibition
in galerie wissraum Kyoto (Kawabata nijo sagaru Kyoto)


nisai®

nisai


nisai photo
nisai ® / 熊谷信夫
大阪ブリキ玩具資料室 代表
日本人形玩具学会 会員
からくりを取り入れたキネティックアートを探求中。金網でフォルムを表現することで境界を意識しながら作品を制作しています。
不規則に見える動きを取り入れることによって表現する世界観に四次元的な軸表現しました。

Web:https://www.facebook.com/Nisaisan

*針金を使ってアミを作ってさまざまな造形を制作しています。
主に追求しているのは、クラインの壺です。
針金を使ったアミを編み込んで制作するので空間の表現が独特のものになります。
造形面がアミであるが故に透過した向こう側の景色や造形が見えて、モアレを起こした不思議な空間がそこに生まれます。
二次元の写真などでは経験できない3Dの空間を体現するには実際の作品を見ていただかないとわからない部分があリます。
ライブで見なければ感じ取れない空間を見ていただきたいと思っています。

1948年 大阪生まれ。
1971年大阪梅田の阪急ファイブでオモチャと雑貨の店『あしたの箱』開店。ブリキ玩具の取り扱いを始め現在に至る。
1978年 大阪ブリキ玩具資料室開設。
1979年『ブリキのオモチャ』刊行。
1989年 鉄人28号の復刻生産始める。
2003年 有馬玩具博物館開館の際3階展示室の日本のブリキ玩具展示を担当。
2010年までに30アイテムを超えるブリキ玩具を製品化。
2010年12月 ブリキのおもちゃをモティーフにした『まいごのりんご』発行。 [ 2001年ボローニャ国際絵本展入選作品(文・熊谷眞由美/絵・田中友美子)]

アート活動
2010年11月 『ギャラリーあしたの箱』の『Wind up ART』展で作品発表
* JUG JUG CUBE *WIRE MESH JUGLLER
2011年7月『Happy Maker in 高野山2011』入選 アーティストとして展示
2011年11月『おおさかカンヴァスプロジェク』 協賛作品出品
2012年7月『有馬温泉路地裏アートプリジェクト2012』入選 参加
2012年9月『ART SHOWER 2012 CASO』入選 公開制作 展示
2012年10月『ART STREAM 2012 大阪心斎橋大丸 入選
2012年12月『Art in the office 2012 CCC AWARDS』入選
2013年6月『ART SHOWERグループ展』海岸通ギャラリーCASO 参加
2013年10月23日〜11月3日『THE EXHIBITION of WIRE NET WORK by nisai®』個展、京都市川端三条上がる galerie wissraum Kyoto

nisai ® / Nobuo Kumagai

Representative OSAKA TIN TOY INSTITUTE.
Japanese tin toy specialist.
1979 published ” ’50s JAPANESE MECHANICAL TIN TOYS”
1989 Reproduced Tetsujin 28 Toys.
1989~2011 Many Japanese master pieces were reproduced these 25 years.

ARTIST nisai®
☆July 2011
『Happy maker in Koyasan2011』 at Reihou-kan. Exhibit Kinetic art.

☆November 23 to December 22 2011
『Osaka Canvas Project 』at Osaka Prefectural main front door.
Exhibit Kinetic art.

☆July 2012
Arima Hot Spring “Rojiura art project 2012”

☆September 2012
“Art Shower 2012 # ” at CASO in Osaka

☆October 2012
“ART ATREAM 2012 ” at DAIMARU Dept. OSAKA

☆March 2013
“CCC AWAEDS exhibition” at T-site garden gallery Daikanyama Tokyo
https://www.facebook.com/cccawards
My work are exhibited in CCC main office at Sibuya one year.

☆June 2013
“Art Shower Exhibition of group exhibition 2012 Art Shower member ”
at CASO in Osaka

☆October 23~November 3, 2013
” THE EXHIBITION of WIRE NET WORK by nisai® ” solo exhibition
in galerie wissraum Kyoto (Kawabata nijo sagaru Kyoto)


ウエツジショータロー Shotaro UETSUJI

uetsuji


profile-Uetsuji

ウエツジショータロー
1981年 奈良生まれ 奈良在住
大阪芸術大学卒業後、フリーのイラストレーターとして関西を中心に活動。
現在、アメリカのスタジオNickelodeonのアニメーションプロジェクトにBackground artistとして参加中。
Web:http://xxxgigagaloxxx.web.fc2.com/

オバケや怪物ばかり描いてます。
怪物たちはコワくて可笑しくて魅力的です。

I love MONSTER.
MONSTER is so cool and so funny and so fantastic.
Please enjoy MONSTER.