annolab


anno lab(あのラボ)は、福岡を拠点に活動するクリエイティブ・ラボです。バラバラの経歴をもつ 九州大学出身のクリエイターが集まり、2012年 4月に設立しました。日本中を世界一楽しい国にするために、面白さや楽しさの源である知的好奇心を刺激するような新しい体験や価値を生み出していくクリエイティブを行なっています。
ウェブサイト:http://annolab.com/



annolab
works
リハビリ / 知育用途のゲーム制作、アプリケーションの企画制作、イベントや WEB の インタラクティブコンテンツ制作、映像、グラフィックス、アニメーションなど、 日本を元気にする「ものづくり」を行なっています。
contact
anno@annolab.com
810-0014 福岡市中央区平尾 4-13-12 アクティブ平尾 2F
4-13-12-2F, Hirao, Chuou-ku, Fukuoka City, 810-0014, Japan.


うぶこえプロジェクト


”うぶこえ”は、仙台を拠点に活動するHIPHOPグループGAGLEが発表したチャリティーソングのタイトル名です。ビート制作は停電が続く中、ノートパソコンに残ったバッテリーのみで行われました。震災の体験を生々しく綴ったリリックには一刻も早い復旧、復興へ向けた動きが進んで欲しい。そんな力強い願いが込められています。



濱田 直樹 Naoki Hamada
1981年1月5日生まれ、宮城県仙台市出身。
クリエイティブ・ディレクター/イベントプロデューサー
東日本大震災を期にそれまでの全てを辞め、「うぶこえプロジェクト」を立ち上げる。世代を越えた音楽の語り場として「くろい音楽室」
(共催:せんだいメディアテーク)も主催している。

うぶこえプロジェクト

うぶこえプロジェクト

チャリティーソング「うぶこえ」をきっかけに発足した東日本大震災復興支援プロジェクトです。被災地から音楽の力で復興に挑戦しています。

作品「うぶこえ」
Artist:GAGLE
Format:Record,CD,Digital
Label:松竹梅レコーズ
http://www.facebook.com/UbukoeProject
ubukoe.project@gmail.com


hannat architects(ハナト アーキテクツ)

渋谷ヒカリエ8/ のCOURT01の空間に、hannat architects(ハナト アーキテクツ)による美しいブースデザイン。
会場がすでにMONSTERを彷彿させるインスタレーションです。


MONSTER展のブースデザイン・設計は、hannat architects(ハナト アーキテクツ)が協力してくれました。ロサンゼルス帰国後、宮城に戻り活動中に彼らもまた被災しました。
新鋭若手建築家の彼らの美しい空間デザインを是非お楽しみください。 ブースデザインの詳細はこちら


hannat architects略歴

保科陽介 / Yosuke Hoshina
一級建築士
1977 _宮城県出身
2004 _Southern California Institute of Architecture(ロサンゼルス)卒業
2005-09 _Patrick Tighe Architecture(ロサンゼルス)
2010-12 _東北大学せんだいスクール・オブ・デザイン研究員
2012 _hannat Architects設立

堤理紗 / Risa Tsutsumi
一級建築士
1979 _東京都出身
1999 _Prior’s Field School(イギリス)卒業
2004 _Southern California Institute of Architecture(ロサンゼルス)卒業
2005-09 _Patrick Tighe Architecture(ロサンゼルス)
2010-12 _阿部仁史アトリエ(仙台)
2012 _hannat Architects設立

詳しい情報はこちら
http://www.hannatarchitects.com/

hannat architectsへのお問い合わせ

住所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目3-13-19
email info@hannatarchitects.com


QUILY WORKS & DESIGN


渋谷ヒカリエ8/で開催するMONSTER展のデザイン部門をコンセプトリードしてもらうため、QUILY WORKS & DESIGNに参加していただきました。
会場では、「MONSTER」にインスパイアされた彼の新しい作品をご覧いただきます。


QUILY WORKS & DESIGN略歴



桐原正憲 | Masanori KIRIHARA
デザイナー
1975年12月3日生まれ、宮城県仙台市出身。
東北学院大学経済学部商学科を卒業後、京都造形芸術大学通信教育部に編入。
同校退学後、2008年ブランド「killy」を2010年ブランド「Quily W&D」を立ち上げる。
現在、2つのブランドでインテリアや生活雑貨などをつくっている。

ブランドの特徴・コンセプト



桐原正憲が2008年に「今はまだない“あるべきもの”をカタチにする」をコンセプトにインテリアブランド”Qkilly”を立ち上げる。
2010 年に新しいブランド”QUILY WORKS & DESIGN”を立ち上げ、アパレルショップ「BEAMS」やハーマンミラー・ストアなどで商品を展開。直線と曲線を組み合わせた独創的なフォルムと木、金属、樹脂の積層が織りなす独特の質感がポップさと上品さの異なる二面性を表現。 現在、日々の営みにちょっとした「心地よさ」を提案する様々なアイテムを制作。  Webサイト:http://quily.jp/


淀川テクニック Yodogawa-Technique

「若林100年ブランコ」
  ‘Wakabayashi 100 years swing’2011

ミクストメディア/ mixed media
約(about)H3.5mxW4.5mxD2.5m
※東日本大震災による甚大な被害を受けた宮城県仙台市・若林地区での滞在制作。
被災した防風林を素材にした作品。
This Yodogawa-Technique’s reconstruction support work is made in Wakabayashi area, Sendai, where devastating tsunami attacked.
The work is made from affected shelterbelts.


渋谷ヒカリエ8/で開催するMONSTER展のアート部門をコンセプトリードしてもらうため、淀川テクニックに参加していただきました。
とても大きな作品のため、会場では写真でご覧いただきます。 協力:YUKARI ART


淀川テクニック略歴


柴田 英昭(しばた ひであき)
1976年岡山県生まれ1998年大阪文化服装学院卒業
松永 和也(まつなが かずや)
1977年熊本県生まれ1998年大阪文化服装学院卒業
////
2003年大阪淀川に落ちているゴミ、漂流物などを使って作品を作るアートユニット「淀川テクニック」結成
////
淀川テクニックの個展などの活動履歴を参照する→

主な受賞・入賞歴

2002年
「アートビートリバープレイス」、ぴあ賞(松永)
2003年
「GEISAI#3」、東京FMスカウト賞(柴田)/「GEISAI#4」、毎日新聞社くりくりスカウト賞(柴田)
2004年
「GEISAI#5」、銀賞
2005年
「キリンアートプロジェクト2005」、グランプリ
2006年
「GEISAI#9」、yukari-art,Inc.賞をはじめとする3スカウト賞
2009年
「第12回岡本太郎現代芸術賞」入選/ 平成21年度「咲くやこの花賞」受賞

パブリックコレクション

 ジョグジャ・ナショナル・ミュージアム(ジョグジャカルタ、インドネシア)
 高橋コレクション(東京、日本)
 宇野港(岡山県、日本)